catch-img

業務用エアコンの工事を依頼する流れ。費用相場や確認しておく事項とは

季節によって寒暖差がある日本において、一年を通して快適に過ごせる施設環境を維持するためには空調設備が欠かせません。学校や介護施設、工場、オフィスなどでは、空調設備として業務用エアコンを設置しますが、一般的な家庭用エアコンとは取り付け工事の流れや費用相場が異なります。

空調設備の新設やリニューアルを検討されている施設管理者のなかには、「業務用エアコンの工事はどのような流れで依頼するのか」「費用や施工期間はどれくらいか」などと気になる方もいるのではないでしょうか。

この記事では、業務用エアコンの工事を依頼する流れや費用相場、事前に確認しておく事項について解説します。


目次[非表示]

  1. 1.業務用エアコンの取り付け工事を依頼する流れ
    1. 1.1.①打ち合わせ・現地調査
    2. 1.2.②養生
    3. 1.3.③既存設備の撤去
    4. 1.4.④新しい業務用エアコンの取り付け
    5. 1.5.⑤試運転・引き渡し
  2. 2.業務用エアコンの工事にかかる費用相場
  3. 3.業務用エアコンの工事前に確認しておく事項
  4. 4.まとめ


業務用エアコンの取り付け工事を依頼する流れ

業務用エアコンの取り付け工事では、1台で半日〜1日ほどの施工時間がかかることが一般的です。

建物の構造や導入する業務用エアコンのタイプ、取り付ける台数・場所などによって異なりますが、配管工事・電気工事が複雑になる場合にはより多くの時間がかかる場合もあります。


▼依頼する流れ

  1. 打ち合わせ・現地調査
  2. 養生
  3. 既存設備の撤去
  4. 新しい業務用エアコンの取り付け
  5. 試運転・引き渡し


①打ち合わせ・現地調査

工事を実施する前に施工会社との打ち合わせや現地調査を実施します。

空調設備に求める条件や要望などを施工会社に伝えたうえで現地調査の立会いを行い、具体的な施工内容とスケジュールを決定します。施工費用の見積もりについては、現地調査が終わったあとに提出されるケースが一般的です。


▼打ち合わせや現地調査で確認・決定する事項

  • 設置する業務用エアコンの商品
  • 室内機・室外機の設置場所
  • 施工日程
  • 搬入・搬出経路
  • 追加工事の有無 など


なお、施工については打ち合わせや現地調査とは別日に実施されます。


②養生

業務用エアコンの施工日になると、施工会社の作業員によって施設内の床・壁・設備などが傷つかないようにシートやマットなどによる養生が行われます。工事のエリアだけでなく、搬入経路や一時的な資材置き場などにも養生が行われます。

施設内の状況によっては、搬入経路と作業スペースを確保するために設備や収納棚などの移動を求められるケースもあります。


③既存設備の撤去

現在ある業務用エアコンと入れ替えてリニューアルを行う場合には、既存設備を撤去する必要があります。作業員による室外機・室内機の撤去とともに、専用のフロン回収装置を利用して冷媒ガスの回収が行われます。

なお、冷媒ガスは『フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律』第27条に基づいて都道府県の登録を受けた事業者による回収が義務づけられています。

出典:環境省『フロン排出抑制法の全体像』/e-Gov法令検索『フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律


④新しい業務用エアコンの取り付け

新たに導入する業務用エアコンの搬入と取り付け工事を行います。

打ち合わせで定めた所定の位置に室外機・室内機を設置して、作業員による据付工事や配線・配管工事を実施します。


▼主な工事内容

  • 冷媒配管やドレン配管の口径・長さ・勾配の調整
  • 配管のラッキング
  • 室外機・室内機との配管と配線の接続
  • 電気工事
  • 冷媒ガスの充填
  • 化粧パネルや壁掛けリモコンの設置 など


取り付け工事が完了したら、作業員によって冷媒配管の真空引きによる機密試験を行い、冷媒ガスが漏れていないか確認します。


⑤試運転・引き渡し

業務用エアコンの取り付け工事が終わったあとは、試運転を実施して動作不良や不具合、水漏れなどがないかを作業員が確認します。問題なく作動する場合は、作業スペースの清掃と養生の撤去が行われて引き渡しとなります。



業務用エアコンの工事にかかる費用相場

業務用エアコンの工事にかかる費用相場は、以下の条件によって変わります。


▼費用相場が変動する条件

  • 既存設備との入れ替え、または新設か
  • 業務用エアコン本体のタイプや商品
  • 設置台数
  • 建物の構造や配管・配線工事の内容 など


シングルタイプの業務用エアコンを1台設置する場合の費用相場は、以下となります。


▼シングル1台当たりの標準工事にかかる費用相場(税別)

エアコンの形状
費用相場
天井吊型
7~15万円
天井埋込みカセット型
8~12万円
壁掛け型
4~7万円
床置き型
5~15万円


ツインタイプやエアコンの馬力が大きい場合、配管の延長工事が必要な場合などは、基本の工事費に加えて数万円単位の追加費用がかかることが一般的です。

なお、業務用エアコンの選び方についてはこちらの記事で解説しています。併せてご確認ください。

  業務用エアコンの選び方。3つの基準と施設に応じた選定のポイント 業務用エアコンには、形状や設置方法、空調方式などさまざまなタイプが存在します。快適で過ごしやすい空気環境をつくるには、用途や設置場所に合わせた業務用エアコンを選ぶことが必要です。この記事では、業務用エアコンの選び方と施設に応じた選定のポイントについて解説します。 TAKEUCHI株式会社



業務用エアコンの工事前に確認しておく事項

業務用エアコンの工事を依頼する前には、以下を確認しておくことがポイントです。


▼事前に確認しておく事項

  • 設置場所の用途や使用環境に適しているか
  • 導入後のアフターフォローがあるか


学校や介護施設、工場、オフィスなどによって、空調設備に求められる性能・馬力は異なります。施設の用途と使用環境を考慮したうえで、業務用エアコンのタイプや馬力などを検討する必要があります。

取り付け工事だけでなく、現地調査を踏まえて業務用エアコンの選定や設置場所の提案などを行ってくれる施工会社を選ぶことが重要です。

また、業務用エアコンの設置後には不具合・故障が発生する可能性もあるため、施工会社の保証内容や保証期間について確認しておくことが必要です。

定期的な点検やメンテナンスも含めてサポートしてくれる施工会社を選べば、安定した稼働によって快適な施設環境を維持できます。

なお、学校や介護施設、病院、工場に導入する空調設備については、こちらの記事で詳しく解説しています。

学校における空調の設置状況と必要性。新設やリニューアルを行う際の課題とは

介護施設は空調管理が重要! 入居者の生活環境を改善するためのリニューアルポイント

病院の空調設備に求められる4つの要素。 リニューアルを行う際の注意事項とは

工場における空調設備の課題。稼働効率を高めてコスト削減につなげるポイント



まとめ

この記事では、業務用エアコンについて以下の内容を解説しました。


  • 業務用エアコンの取り付け工事を依頼する流れ
  • 業務用エアコンの工事にかかる費用相場
  • 業務用エアコンの工事前に確認しておくポイント


業務用エアコンの設置費用は、エアコンのタイプや設置台数、建物の構造などのさまざまな条件によって変動します。

複雑な配管・配線工事が必要になる場合や、性能が高く馬力の大きいエアコンを導入する場合には、設置費用も高くなることが一般的です。

工事を依頼する際は、設置場所の用途や使用環境に適しているか、また導入後のアフターフォローがあるかなどを確認しておくことがポイントです。

TAKEUCHIでは、業務用エアコンの導入設計から施工、保守メンテナンスまでトータルサポートしています。学校・介護施設・工場・オフィスなどの施設の課題に合わせた空調をプランニングして快適な空気環境を実現します。

詳しくは、こちらの資料をご覧ください。

  資料ダウンロード一覧|30年の信頼と実績 品質で選ばれ続けるTAKEUCHIの空調環境ソリューション TAKEUCHI株式会社に関する詳しい資料は当ページからダウンロードいただけます。空調の新設やリニューアルはTAKEUCHI株式会社にお任せください。 TAKEUCHI株式会社


CONTACT

まずはお気軽にお問合せください

お電話でのお問い合わせはこちら

平日 8:30~17:30

ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください

お役立ち資料は
こちらから